臨床診断用の超純水は非常に重要です

 

 

ELGAでは、臨床分析装置が正確で再現可能な分析テスト結果を得るためには、必要基準に準拠した水がいかにコンスタントに、信頼性を持って供給されるかが重要であると理解しています。基準に満たない水質は、試験の化学反応に影響を与えるばかりではなく、分析装置の一般的な動作にまでも影響を与えます。このため、試験結果の精度が低下し、キャリブレーションの時間と試薬コストが増大してしまいます。

75年にわたるイノベーション経験

エルガは75年にわたって純水製造技術のイノベーションから得られる経験を積んできました。主要な臨床検査企業と協力して、他に類のないMEDICAシリーズを設計しました。ラップアラウンド・タンクを内蔵したコンパクトで信頼性の高い純水製造システムは、貴重なラボ空間において、最小限のスペースしか必要としません。最高品質のコンポーネントから構築されたMEDICAシリーズは、途切れないワークフローを保ち、細菌の制御と最適な純度を実現します。内蔵された技術により、予測可能な低消耗品コストと低運用コストで最高の水質を約束します。すべてのMEDICAユニットに取り付けられたバイパスループは、緊急事態が発生した場合でも分析装置に準拠した水を供給し続けます。

水は臨床検査プロセスのさまざまな段階に必要不可欠です

純水は、臨床化学検査におけるゼロ/ベースライン基準として使用されるため、特定のイオン濃度が最適でない場合、キャリブレーションの安定性に影響を与え、分析感度を低下させます。同様に、細菌の副産物、特にアルカリホスファターゼなどは、酵素ベースのイムノアッセイ(免疫測定法)に干渉することがあります。

お客様のニーズに最適な純水システムを検索いただけます