ラボ用純水製造方法の概要

 
研究室や臨床検査室で使用される水の大半は、飲用水から精製されます。まずは不純物を取り除き、そして純水装置からの二次的な汚染や生菌増殖を効果的に管理しなければなりません。
 
必要な水質に応じて数々の純水製造技術が用いられ、飲用水中の不純物が取り除かれます。重要な用途で要求されるレベルにまで不純物質を効果的に除去するためには、様々な純水製造技術を組み合わせて使用することが必要不可欠です。
 

純水製造テクノロジーの種類

純水製造テクノロジーは、特定の不純物をきわめて低いレベルまで効率的に除去することに有効です。他に、数種類の不純物や汚染物質の大部分を除去できる方法もあります。最も代表的なテクノロジーの種類は次のとおりです。
 
  • 逆浸透(RO) すべての種類の汚染物質を効果的に除去します......さらに詳しく知る
  • 電気脱イオン処理 (EDI) イオン交換樹脂とイオン交換膜を組み合わせてイオン性物質を除去する方法です........さらに詳しく知る
  • イオン交換(IX) イオン交換樹脂がイオン性物質を効率的に除去します .......さらに詳しく知る
  • 紫外線(UV) UVライトは、殺菌の手段としてだけでなく、有機汚染物質を分解および酸化させるために広く使用されています......さらに詳しく知る
  • 限外ろ過(UF) 薄膜フィルターを使って溶存物質と粒子を除去します ............さらに詳しく知る