限外ろ過(UF)とは?

限外ろ過(UF)では、孔の大きさが概ね 1~10nm の薄膜フィルターを使って、タンパク質などの巨大溶存物質(粒子)を除去することができます。UF は、粒子や生菌、パイロゲンなどを除去し、安定して超純水を確保できる優れた技術です。

限外ろ過(UF)による粒子除去のしくみ

膜に沿って真っ直ぐに原水を流す「クロスフロー」方式では、供給水の一部が膜の表面に沿って流れることにより、標準サイズ以上のコロイド、酵素、微生物、粒子およびエンドトキシンの大半がろ過されずに排出されます。
                         

利点と制限

利点:

  • 標準サイズ以上のコロイド、酵素、微生物、粒子およびエンドトキシンの大半を効果的に取り除き、限外ろ過膜の表面から連続的に排出
  • 低ランニングコスト
  • クロスフローの洗浄効果で製品寿命を延ばすことが可能

制限:

  • 溶解無機物または低分子の溶解有機物は除去できない
  • 高分子物質を大量に流すと、孔を閉塞する恐れがある

 

どのような水質が必要ですか?