PURELAB® flex:理想的なトレーニング・システム

クライアント
Olsberg Vocational College(オルスバーグ専門学校)
場所
ドイツ

PURELAB flex:今日の研究手法に沿った理想的なトレーニング・システム

ラボにおけるELGA PURELAB flexの水私立・公共の機関に付属されている多くのラボでは、今日の高水準に沿った研究手法を用いていることから、最新の技術と最高品質の純度の水が必要となります。 AAS、HPLC、GC、GC-MS、ICP OESなどの分析手法では、高品質の超純水の供給源が不可欠です。

不可欠な超純水

ラボでの緩衝液や試料の調製において、超純水は重要な役割を果たしています。 AAS、HPLC、VAMMなどの分析手法により、ppbやppt範囲の微量レベルで溶液中の元素を測定することができます。 分析対象の試料に新しいイオン性不純物が侵入すると、試験結果に影響が及ぼされます。これを防ぐためには、試料の溶媒として使用する水が非常に重要となります。 低レベルの有機物でも結果に影響する可能性があるため、有機物の存在を確認することも同様に重要です。

HPLCにより、試料の有機化合物を同定して測定することができます。 分析対象物質は液体溶媒と一緒に分離カラムを通過します(移動相)。この移動相には超純水が不可欠です。 カラムの分離材粒子は10 μmよりも小さいため、長さ30 cm以下、厚さ5 mm以下のカラム内で妥当な時間内に移動相を移動させるには比較的高い圧力が必要です。水中の全有機炭素(TOC)レベルが増加すると、経時的にカラムが汚染されるだけでなく、歪んだ結果やバックグラウンドノイズが発生し、微生物が増殖する可能性があります。

 

ELGA PURELAB flexラボ用水信頼性が高く効率的で省スペース設計のPURELAB flex

ELGAのPURELAB flex純水製造システムを利用することで、教師や学生は超純水の純度について心配することなく、実験や研究に勤しむことができます。 最高の水質を保証するELGAのPURELAB Option-R純水製造システムから給水を行っています。 トレーニングラボに設置された省スペース設計システムにより、1分あたり最大2リットルの超純水を生成することが可能です。 多くの学生や教師により利用されているこのシステムは、信頼性が高く、非常に直感的に使用することができます。

 

 

PURELAB flexは、技術的な点でも、外観の点でも、非常に優れたシステムです。 当ラボはこの製品を選択したことに非常に満足しています。 コンパクト設計で容易に操作でき、メンテナンスも理想的です。 PURELAB flexは、電源を入れるとすぐに使用できるようになります。 ディスペンサーに0.2 µm POUフィルターを装着して、良好な流量を実現できます。 毎日の要件において何の問題も発生しません

ディーター・ダーク(Dieter Dirk)、主任講師兼研究室長

 

 

 

 

ELGAのラボ用水ソリューションの詳細については、 こちらをクリックして、ビジネスパートナーまでお問い合わせください。 

 

 

タイトル
Discover More
SN logos