分光測光法

分光測光法とは、材料の波長における反射または透過を測定する化学手法です。
分光測光法

化合物はすべて、特定の波長範囲で光を吸収または透過するため、これを利用して既知の化学物質の量を測定することができます。

 

紫外可視分光測光法

ほとんどの分子は、紫外線範囲とスペクトルの可視範囲の放射線を吸収します。 UV範囲(185〜400 nm)と可視範囲(400〜700 nm)で光を使用します。 特定周波数の放射線は液体試料を含むキュベットを透過します。そのキュベットの反対側で測定された放射線量が試料の同定に用いられます。 

水の影響

試料調製や盲検で、またキュベットの洗浄には通常水を使用します。 結果に誤りが発生しないように、水に汚染物質が含まれていないことを確認することが重要となります。汚染物質が含まれていると、入射の吸収または散乱により、放射線と干渉を起こす可能性があります。 II型水は分光測光法に適しています。

 

水の要件

必ず用途に適した種類の水をお使いください。 以下は分光測光法用途の要件です。

  必要な感度 比抵抗値 
(MΩ.cm)*
TOC 
(ppb)
フィルター 
(µm)
細菌(CFU/ml) エンドトキシン(EU/ml) ヌクレアーゼ 水質等級
分光測光法 一般高レベル

>1

>18

<50

<10

<0.2

<0.2

<1

<1

NA

NA

NA

NA

一般ラボ 

超純水

不純物
適切な製品
タイトル
Discover More
SN logos