一般化学

化学は、私たちが世界で触れて見るものすべてを説明することができます。 物理科学や工学の詳細な研究に必要となる自然科学の支柱としての役割を果たす分野とも考えることができます。
一般化学

一般化学は、物質の組成、構造、性質、反応、特に原子系と分子系における科学です。 一般化学で使用される一般的な用途として、以下のようなものが挙げられます。

定性分析

定性分析は、どのようなイオンが溶液中に存在するかを判断するために使用されます。 この手法により、未知の物質をいくつかの試薬と系統的に反応させることで、未知の物質の化学的性質を調べ、溶液中のイオンを同定することができます。 

SPE - 固相抽出

SPEでは、試料調製処理を通して、液体混合物に溶解または懸濁している化合物が分離されます。  同じ混合物中の化合物は、その物理的・化学的性質に基づいて分離されます。  ラボはこの固相抽出を用いて、分析用の試料を濃縮または精製します。

全有機炭素(TOC)分析

TOCは有機化合物に含まれる炭素の量を示すもので、これは水質の指標として使用されます。 

 

 

水の影響

一般的な化学分析で信頼性の高い結果を得るためには、適切な水の種類を使用することが重要となります。

水の要件

必ず用途に適した種類の水をお使いください。 以下は一般化学用途の要件です。

  必要な感度 比抵抗値 
(MΩ.cm)*
TOC 
(ppb)
フィルター 
(µm)
細菌(CFU/ml) エンドトキシン(EU/ml) ヌクレアーゼ 水質等級
一般化学 一般レベル >1 <50 <0.2 <10 NA NA 一般ラボ 
TOC分析 一般高レベル

>1

>18

<50

<3

<0.2

<0.2

<10

<1

NA

NA

NA

NA

一般ラボ 

超純水

微量金属探知 一般高レベル

>5

18.2

<50

<10

<0.2

<0.2

<10

<1

NA

NA

NA

NA

一般ラボ 

超純水

不純物
適切な製品
タイトル
Discover More
SN logos