原子分光学

原子分光学では、原子による放射線の吸収と放出を研究します。 この手法は、試料の特定元素の総濃度を判断するために使用されます。 
原子分光学

フレーム原子吸光分析(FAAS)

フレーム原子吸光分析は、溶液中の金属と半金属をppbまたはppmレベルで判断するために広く使用されている手法です。 金属イオンが高温火炎内に噴霧化されることで、原子状態に変換されます。 適切な波長の光が火炎を通して照らされ、吸収された光の量が標準曲線に照らして測定されます。 測定の緻密性と正確性を維持するために、これには比抵抗値5 MΩ.cm以上のII型水が適しています。

 

黒鉛炉原子吸光分析(GF-AAS)

黒鉛炉原子吸光分析では、火炎ではなく小型のカーボンチューブを使用して、試料が噴霧化されます。 これは非常に高感度な手法であり、通常は1 ppb未満の超微量レベルの元素の測定に適しています。 そのため、黒鉛炉原子吸光分析ではI型水が必要となります。

 

誘導結合プラズマ発光分析(ICP-AESまたはICP-OES)

誘導結合プラズマ発光分析は、微量金属の検出と多元素分析に使用される分析手法です。 各元素は原子が励起した後に放出される波長が固有であるため、放出の強度により試料の元素濃度が示されます。 この手法にはI型水が推奨されます。

水の影響

盲検と標準の調製だけでなく、試料調製中にも水が使用されるため、結果の精度と信頼性に影響を与える可能性のある汚染物質を除去することが重要となります。 検出限界がppbレベルを下回っているため、結果に影響を与え得る要素や化合物が水に含まれていないことを保証することが重要です。

手法に適した純度の水を使用していることを確認してください。 分析の感度が高いためにGF-AASとICP-AESにはI型水が必要ですが、より一般的なAASとFAASにはII型水が適しています。 

水の要件

必ず用途に適した種類の水をお使いください。 以下は原子分光学用途の要件です。

  必要な感度 比抵抗値 
(MΩ.cm)*
TOC 
(ppb)
フィルター 
(µm)
細菌(CFU/ml) エンドトキシン(EU/ml) ヌクレアーゼ 水質等級
フレームAAS 一般レベル >5 <500 <0.2 NA NA NA II
GF-AAS 18.2 <10 <0.2 <10 NA NA I+
ICP-AES

一般レベル

>5

>18

<50

<10

<0.2

<0.2

NA

<1

NA

NA

NA

NA

II

I

不純物
適切な製品
タイトル
Discover More
SN logos