ガスクロマトグラフィー

ガスクロマトグラフィーは、さまざまな化合物の分離と測定に一般的に使用される最も高感度の分析手法の1つです。
ガスクロマトグラフィー

ガスクロマトグラフィーは、揮発性化合物や半揮発性化合物(VOC)の混合物の成分など、 さまざまな化合物の分離と測定に一般的に使用される最も高感度の分析手法の1つです。 これは、環境科学や法科学における用途に利用されます。


ガスクロマトグラフィー(GC)の場合、典型的に移動相は不活性ガスで、被分析化合物がカラム内部の固定相と相互作用します。 試料は揮発されて、カラム上で分離されます。 質量分析装置を検出器として使用する場合、個々の成分を直接特性化して同定できるため、この手法に特に有用です。

 

水の影響

ガスクロマトグラフィーのプロセスにおける水の使用はかなり限られていますが、試料調製において水が必要となります。 また、被分析試料が水性である場合は、盲検試料・標準試料の調製にも水が使用されます。

不純物
適切な製品
タイトル
Discover More
SN logos