微生物学的分析

微生物分析とは、生物学的、生化学的、分子的、または化学的方法を用いて、材料の微生物を検出、同定、または数量測定する手法です。 多くの場合、これは病因と腐敗微生物に適用されます。
微生物学的分析

微生物分析により、汚染、中毒、病気の要因となるウイルス、細菌、微生物の繁殖を抑制することができます。

細菌の分離と同定において正確な結果を導くためには、正しい種類の水を使う必要があります。

微生物分析における重要な手順は以下の通りです。

  • 試料採取  - 信頼性の高い正確な結果を得るための基本は、適切な代表試料を得ることです。 
  • ろ過 -  微生物の回収率を高め、外因性の汚染を避ける上で、この段階が重要となります。
  • 培養 -  増殖培地の品質に影響されます。
  • 定温放置 - 微生物を数える前の最終段階です。
水の影響

この手順では水の試料を使用し、その試料から細菌の濃度を判断します。

水の要件

必ず用途に適した種類の水をお使いください。 以下は微生物分析用途の要件です。

  必要な感度 比抵抗値 
(MΩ.cm)*
TOC 
(ppb)
フィルター 
(µm)
細菌(CFU/ml) エンドトキシン(EU/ml) ヌクレアーゼ 水質等級
分子生物学 >18 <10 UF <1 <0.002 ND 非発熱性
微生物学的分析 一般レベル >1 <50 <0.2 <1 NA NA 一般ラボ 
エンドトキシン分析

標準

>1

>18

<50

<10

<0.2

UF

<1

<1

<0.05

<0.002

NA

ND

非発熱性

ラボ

非発熱性

超純水

不純物
適切な製品
タイトル
Discover More
SN logos