PURELAB Quest

ラボ用水の純度は実験を成功に導く鍵 

HPLC、分子生物学、緩衝液、ガラス器具の洗浄において水関連エラーの原因を診断する方法とは

弊社の相互作用型Lab Water Wise Toolkitはどのラボにとっても水質汚染防止に欠かせないツールです。 ラボ分析における水関連エラーの診断方法、およびラボ用水の水質汚染の5大リスクについてご紹介いたします。 また、ラボで使用される各種用水、およびHPLC、PCR、緩衝液、ガラス器具の洗浄など、用途に応じて使用すべき水について知っておくべきことをご説明します。 さらに、ラボ用水の水質汚染によってラボにもたらされる損失、および、用水エラーがラボ全体に及ぼす影響についてご説明します。 このような損失や影響を未然に防ぎましょう。

研究内容

  • カラムの詰まり、ピーク形状異常、その他各種HPLC関連エラーの背景に潜む汚染物質を検出するには、弊社のHPLC トラブルシューティングツールを使用します。
  • 偽陽性汚染およびヌクレアーゼ汚染などのPCR関連の用水問題は完全に回避可能です。その方法についてご説明します。
  • 汚染された細胞培養を避けるために不可欠な調製ガイドライン。
  • 緩衝液は信頼性の高い結果となっていますか? 緩衝液の一般的な調製リスクを最小限に抑えて汚染を防止する方法についてご説明します。
  • ラボのガラス器具洗浄は思っている以上に油断禁物です。 研究と分析手法に必要な水について弊社のガラス器具洗浄プロトコルをご参照ください。
  • 用水の不純物を防止し実験の時間とコストを節約を可能にするラボ用水純水製造システムにはどのようなものがあるでしょうか。

さらに機能アップ-1台の装置で3種類の科学用水が使える世界初のスリーインワン型ラボ用水純粋製造システムPURELAB Quest。 信頼性の高いラボ用水

「これは大金を支払わずに利用できる優れた純水製造システムです」

アントニオ・ヘルナンデス-オノ
米国コロンビア大学、リサーチャー

特徴

Purelab Questの特長

PURELAB Quest

 

比類なき価値、確かな信頼性、中断されることのない発見への必要性に対し、PURELAB Questは完璧なソリューションを提供いたします。 PURELAB Quest は、3種類のラボウォーターを一貫して供給し、ラボのあらゆるアプリケーションをサポートいたします。

Purelab Quest
特徴
  • 次のタイプの純水を安定供給できます。
    • I型水:HPLCや分子生物学向け技術用
    • II型水 :一般的な試薬調整や緩衝液用
    • III型水:ガラス器具のすすぎや水浴用

    複数の品質センサーによって測定された水の純度が、システム上に鮮明に表示されます。
  • 高速流量とwalk-away設計により、1.2 l/mの水を供給し、中断を最小限に抑えます。 ボリューム供給によって、研究者は複数の作業を同時に実行でき、時間と費用を節約できます。

  • PURELAB Questには、20年以上のラボ使用に相当する15万回の純水供給を通じた使用テストが実施されています。

  • 直観的なデザインで、操作、メンテナンス、消耗品の交換、定期的な再循環を手軽に行うことができ、消毒プロセスも事前にプログラムされており簡単です。

  • 幅232ミリ、高さ510ミリのコンパクトなシステムです。 壁に取り付けることもでき、貴重なラボスペースを節約できます。

  • IoT接続機能によるリモート監視を利用すれば、中断、コスト、環境負荷を軽減できます。

  • PURELAB Questは、サステナビリティを考慮したデザインで、製品材料の85%*以上に再生産素材を使用し、消耗品についても長持ちするものを採用しています。

※純水製造工程に接触する材料を除く。

技術仕様

Quest UV仕様
I型(超純水)
タイプII(純水)
タイプIII(RO透過)
抵抗率
18.2 MΩ.cm @ 25°C
>1 MΩ.cm @ 25°C
採水量
最大 1.2l/min (0.27gal)
TOC値
<5 ppb
<50 pbb
<200 ppb*4
バクテリアTVC
<0.1 cfu/ml*1
<100 cfu/ml
<1000 cfu/ml*4
エンドトキシン
<0.001 EU/ml*1
RNase(リボヌクレアーゼ)
<1pg/ml
DNase(デオキシリボヌクレアーゼ)
<5pg/ml
pH
効果的に中性
微粒子
0.2μm フィルトレーション*1
1日の推奨量
一日あたり最大10l*3(2.2gal)
一日あたり最大10l*3 (2.2gal)
一日あたり最大30l (6.6gal)
導電率
<20μS/cm4
イオン拒絶
>96%*5
粒子とバクテリアの拒絶 >99%
有機性拒絶(MW> 200Da)
>99%
生産フロー
製品仕様
I型(超純水)
採水量
最大 1.2l/min (0.27gal)
無機物(25°Cでの比抵抗値)
18.2 MΩ.cm @ 25°C
有機物(TOC)
&lt;5 ppb
細菌
&lt;0.1 cfu/ml*<sup>1</sup>
細菌エンドトキシン
&lt;0.001 EU/ml*<sup>1</sup>
pH
効果的に中性
粒子
0.2μm フィルトレーション*<sup>1</sup>
シリカ
DNase(デオキシリボヌクレアーゼ)
&lt;5pg/ml
RNase(リボヌクレアーゼ)
&lt;1pg/ml
1日の最大使用量
1日の最少使用量
給水流量
一日あたり最大10l*<sup>3</sup>(2.2gal)
製品仕様
タイプII(純水)
採水量
無機物(25°Cでの比抵抗値)
>1 MΩ.cm @ 25°C
有機物(TOC)
<50 pbb
細菌
<100 cfu/ml
細菌エンドトキシン
pH
粒子
シリカ
DNase(デオキシリボヌクレアーゼ)
RNase(リボヌクレアーゼ)
1日の最大使用量
1日の最少使用量
給水流量
一日あたり最大10l*<sup>3</sup> (2.2gal)
製品仕様
タイプIII(RO透過)
採水量
無機物(25°Cでの比抵抗値)
有機物(TOC)
<200 ppb*<sup>4</sup>
細菌
<1000 cfu/ml*<sup>4</sup>
細菌エンドトキシン
pH
粒子
シリカ
>96%*<sup>5</sup>
DNase(デオキシリボヌクレアーゼ)
RNase(リボヌクレアーゼ)
1日の最大使用量
>99%
1日の最少使用量
<20μS/cm<sup>4</sup>
給水流量
一日あたり最大30l (6.6gal)

※1使用ポイントフィルタ(LC134/LC197)を使用する場合

※2使用ポイントフィルター(LC197 )を使用する場合

*3 Iタイプ1とタイプ2の用水を組み合わせた可能液量:使用量が増すと純水製造パックの寿命は短かくなる

*4適切な給水純度(イオン拒否を参照)およびシステムメンテナンスによる

*5給水圧が4バール超えで温度が15oC

消耗品

PURELAB Quest
過剰使用の影響

消耗品データシート

逆浸透(RO)
逆浸透(RO)
部品番号
LC217
耐用期間
通常2年間
過剰使用の影響

高濃度の有機物と無機物が水中に残り、DIパックの耐用期間が短くなる。

通気フィルター(細菌・微粒子)
部品番号
LC291
耐用期間
12ヵ月
過剰使用の影響

空気を適切に通すためのフィルター機能が低下する場合があります。

pou
POUフィルター
部品番号
CL197
耐用期間
3ヵ月
過剰使用の影響

精製水が再汚染される可能性があり、流量が低い。

DIパック
DIパック
部品番号
LC292
耐用期間
6ヵ月
除去された不純物
過剰使用の影響

弱イオンは水に放出され、比抵抗値が下がる。

UV
UVライト(185/254nm)
過剰使用の影響

細菌汚染レベルが上昇し、TOCレベルが低下しません。

付属品

壁取付用キット
壁取付用キット

Questを垂直壁に設置できるオプションキットです。貴重なラボスペースを節約できます。

LA758
30 ℓ 貯水タンク

30リットル分の貯水槽です。

LA757
15 ℓ 貯水タンク

15リットル分の貯水槽です。

ブーストポンプ
ブーストポンプ

給水圧力が低圧の際に利用できる外部式ポンプです。

LA821
外部式前処理キット

システムの裏側や壁に接続するタイプです。 純水製造プロセスの最適化を促す活性炭フィルターが備わり、 塩素やクロラミンなどの酸化剤を除去する触媒として機能します。

壁取付用キット
壁取付用キット

Questを垂直壁に設置できるオプションキットです。貴重なラボスペースを節約できます。

LA758
30 ℓ 貯水タンク

30リットル分の貯水槽です。

LA757
15 ℓ 貯水タンク

15リットル分の貯水槽です。

ブーストポンプ
ブーストポンプ

給水圧力が低圧の際に利用できる外部式ポンプです。

LA821
外部式前処理キット

システムの裏側や壁に接続するタイプです。 純水製造プロセスの最適化を促す活性炭フィルターが備わり、 塩素やクロラミンなどの酸化剤を除去する触媒として機能します。

FAQ

PURELAB Questとは何ですか?

PURELAB Questは、PURELABシリーズの最新製品です。幅広いラボアプリケーションに水を供給するラボ用給水システムで、比類のない価値と卓越したユーザーエクスペリエンスを提供します

PURELAB Questシステムから何種類の水を供給できますか?

PURELAB Questは、分子生物学やHPLCなどの重要なアプリケーションのために、3種類のラボ水-タイプI(超純水)を分配できます。タイプII(純水)バッファーおよび中間準備用水。ガラス製品のすすぎおよびオートクレーブ用のタイプIII(RO透過)水。

PURELAB Questシステムの利点は何ですか?

ラボのアプリケーションの最も広い範囲に水を供給することに加えて; PURELAB Questは、コンパクトなデザインで環境に優しい貴重なラボスペースを最小限に抑えるように設計されており、複数の水純度センサーと組み込みの定期的な再循環によって信頼性と再現性のある結果を提供するように設計されています。さらに、設置、使用、メンテナンスが簡単で、優れた顧客フィードバックが得られます。 。

容量ディスペンシングはどの程度正確ですか?

通常、容積測定の分注精度は+ -10mlまたは+ -3%のどちらか大きい方です。

製品のバリエーションはいくつありますか?

アプリケーションと予算に応じて、UVまたは非UVバリアントを購入するオプションがあります。

どのようなリマインダーを利用できますか?

ユーザーは、UVランプ(12か月)、ベントフィルター(12か月)、および交換のリマインダーを設定するオプションがあります。 RO膜(24か月)。

PURELAB Questの保管リザーバーのサイズはどのくらいですか?

PURELAB Questは、統合された7リットルのリザーバーで設計されています。オプションの15lまたは30l外部リザーバーもあります。

 

ELGA品質管理ラボ内で実施されている、PURELAB Questの堅固で高い信頼性を実証するロボットアームを使用した広範囲テストの様子をご覧ください。