無機化合物

水中の主な不純物は無機化合物です。
無機化合物

無機化合物は、カルシウム、マグネシウム塩、二酸化炭素、ナトリウム塩、ケイ酸塩、第一鉄化合物、第二鉄化合物、塩化物、リン酸アルミニウム、硝酸塩という形態でさまざまな環境や状態において存在します。 

炭素原子を欠く化合物はほぼすべて無機化合物となります。 実際に炭素を含む無機化合物は、分子結合を形成する性質があるため、少数しか存在しません。一例として、一酸化炭素と二酸化炭素が挙げられます。

無機化合物は炭素により可能となる複雑な分子結合を形成しないため、多くの場合、非常に単純です。 単純な無機化合物の一般的な例として、家庭用塩として知られる塩化ナトリウムが挙げられます。 この化合物には、ナトリウム(Na)と塩素(Cl)の2つの原子しか含まれていません。

 

システムへの影響

有機化合物はたとえ微量レベルでも、多くの場合触媒として作用するため、有機反応と生化学反応の両方に影響が及ぼされる可能性があります。

 


 

用途
技術
タイトル
Discover More
SN logos