超純水

超純水により信頼性の高い結果を保証

毎日、世界中の科学者たちが多様な目的で水を使っています。 しかし、この試薬の質は汚染物質を無視するにはあまりにも重要であり、実験室の水の変動性はあまりにも多くの結果を危険にさらしています。

もっと詳しくみる

ラボウォーターの内容

水は無数の汚染物質が含まれている

その驚くべき溶媒特性により、水には多種多様な物質が混入して溶解されます。つまり、ラボ用水にはさまざまな汚染物質が含まれているということです。 ごく微量の不純物でも、さまざまな科学的用途に影響が及ぼされ、結果が危険に曝される可能性があります。

非常に変化に富む供給水

飲料水は地域の規格に準拠し、許容される透明度、味、匂いがある必要があります。 これは、貯水池、河川、地下帯水層などの天然水源を一連のステップを経て処理されるためですが、水源、地域や国の規制、技術の選択によっても異なります。  このように、水は地理的な場所により著しく異なり、季節によっても変化する場合もあることは容易に理解できます。 水は実験における変動要因であり、これを無視することはできません。

 

ホワイトペーパー

ラボ用水

実験を成功させる
鍵となる試薬

ラボ用水

実験を成功させる鍵となる試薬

今すぐ無料
コピーをダウンロード

超純水とは何ですか?

超純水(ウルトラピュアウォーター = UPW)とは、高レベルの仕様に精製された水のことです。 基準として、超純水にはH20のみが含まれ、H+イオンとOH-イオンのバランスも取れています。 そして、比抵抗値が18.2 MΩ.cm、TOCが10 ppb未満、細菌数 10 CFU/ml未満になっています。 超純水として分類されるには、水に検出可能なエンドトキシンがいかなるレベルでも含まれてはなりません。 この程度の純度なので、実験業務に最適な試薬です。

なぜラボウォーターの不純物を心配する必要があるのですか?

I型水としても知られている超純水とは、比抵抗値18.2 MΩ.cm、TOC 10 ppb未満、細菌数10 CFU/ ml未満で理論的に理想的なレベルの純度に達した水を指します。 エンドトキシンも除去されているため、通常、超純水のエンドトキシンは0.03 EU/ml未満で、ヌクレアーゼとプロテアーゼも検出不能なレベルに抑えられています。

超純水は、HPLC、LC-MS、GC-MS、GFAAS、PCR、哺乳動物の細胞培養、臨床分析装置など、 非常に高感度な科学的用途 に使用される必須かつ重要な試薬であるからです。

超純水は何に使われていますか?

超純水は半導体や製薬業界で最も多く使用されていますが、ラボで行われるあらゆる業務に理想的なソリューションです。 その精製レベルにより、非常に高い精度や感度を必要とする用途にも対応できます。
超純水の用途:

  • 高速液体クロマトグラフィー(HPLC)
  • 液体クロマトグラフィー質量分析(LC-MS)
  • ガスクロマトグラフィー質量分析(GC-MS)
  • 黒鉛炉原子吸光分析(GF-AAS)
  • ポリメラーゼ連鎖反応( PCR )
  • 免疫化学(ICC)
  • 動物細胞培養
  • 臨床分析機器
  • 微量成分分析

超純水はクロマトグラフィーにどう役立ちますか?

LC-MSや高速液体クロマトグラフィー(HPLC)など、広く使用されている高度なクロマトグラフィー技術の感度が向上したことで、最高純度の水が求められています。 その理由は、溶存ガス、粒子、コロイド、バクテリア、有機化合物などの様々な汚染物質によってバックグラウンド値が高くなったり、分析に直接干渉したりと、データ出力が損なわれる可能性があるからです。 超純水は、液体クロマトグラフィーの信頼性を守るために不可欠なものとなっています。

超純水は微量成分分析にどう役立ちますか?

微量元素分析では、試料に含まれる特定の化学元素の非常に低い(微量)濃度を検出しなければなりません。 これには高感度で正確な分析技術が必要で、その検出分解能は1兆分の1程度という低さです。
しかし、この高感度検出の欠点は、元素やイオンの付加によるわずかな量の汚染でさえデータ出力に悪影響を及ぼす可能性があることです。 これには、ブランクや校正用試料の誤差を引き起こしたり、人為的に試料濃度を高めてしまうことなども含まれます。 そのため、不純物をほとんど含まない超純水を用いて微量元素分析の信頼性を守る必要があるのです。
​エルガの純水製造システムで調合された超純水には、微量元素分析に使用される機器の要求を満たすレベルで、微量汚染物質が含まれていないことが示されています。

自分の研究や分析に必要な水のグレードを知る必要がありますか?
純水を供給できる地元の業者をお探しですか?
弊社の認定パートナーをご覧ください。

超純水を使用する理由とは?

超純水には、平均的な飲料水に存在する汚染物質や不純物が含まれていません。 水に存在する汚染物質の種類と量は、水の供給元によって異なります。 不純物や汚染物質の存在はデータに深刻な影響を与える可能性があり、 高い純度の水を使用することで、データへの妨害を排除し、信頼性の高い正確な結果を確実に得ることができます。

超純水の使用に伴うリスクはありますか?

水が超純水の状態を嫌うため、超純水はかなり不安定な状態になります。 この水が有機化合物や無機化合物などの不純物や鉱物と接触すると、自らの構造体に吸収しようとします。 よって、汚染のリスクを最小限に抑え水を超純水に保つために、保管方法に注意しなければなりません。

超純水はどのようなプロセスで生成されますか?

純水を生成するプロセスは複数に細分化されています。 各プロセスで行う処理によって水中の汚染物質が低減され、純度のレベルが上がります。 この処理工程にかかる時間は、純水生成プロセスを開始する前の不純物のレベルによって異なってきます。 不要な汚染物質がすべて除去されると、水はすぐに使用でき、また必要に応じて保存することも可能です。

ELGAの超純水を使用する理由は?

ELGA LabWaterでは、科学者が超純水または作業に必要なグレードの水にアクセスすることがいかに重要であるかを理解しています。 たとえば、ある技術で特定の汚染物質を狙いうちする一方でほかの技術がより広範な対象物質に対応するといったように、ELGAの装置に搭載されている技術を組み合わせることで、きわめて少量にまで水の不純物を除去することを実現しています。 特定の用途に適した水の純度を費用対効果の高い方法で達成するために、ELGAでは様々な技術を組み合わせて、それぞれの機能を最適化します。

Questions?

Ask our approved partners any questions you still have

ELGA式で水の種類を選ぶ -
I型、II型、III型と簡単に選べます

弊社の専門家の努力の結果として、弊社はお客様をサポートする方法を考案することができました。 最新のホワイトペーパーには、水純度を幅広い種類に分類する使いやすいシステムだけでなく、一般的な用途とそれに適した水純度の詳細を示したリストが記載されています。

ラボに信頼性の高い超純水供給源を設置する方法

適切な純度の水を使用することが、より一貫性のある正確な結果を導くシンプルな方法である理由も示されています。 また、社内に純水製造システムを設置することで、時間と費用を節約し、環境への影響を削減できる理由が説明されています。 次のことがわかります:

  • ラボの日常的な作業における水質汚染の潜在的影響
  • ラボ用水の純水製造方法と得られる水の種類
  • ニーズに合わせて最適なラボ用純水製造システムを選択する方法