粒子状物質

天然水には、硬質粒子(砂、岩石、シルト、配管の破片)、軟質粒子(植物の破片)、コロイド状粒子(有機または無機)などの浮遊物質が含まれています。
浮遊粒子

浮遊粒子状物質 とは、地球の大気中に浮遊する微視的な固体物質または液体物質です。

エアロゾルという用語は、単独の 粒子状物質 自体とは対照的に、一般的に 粒子状物質/空気混合気体を指すものです。

一次粒子の主な発生源は、工業プロセス、道路交通、発電所、家庭でにおける焼却、道路や建設による粉塵の再懸濁です。 粒子状物質は、湿性沈着と乾性沈着により大気中から除去されます。

システムへの影響

浮遊粒子により、逆浸透(RO)膜が汚れ、バルブやメーターの操作が妨害される可能性があります。 浮遊粒子により微細分析カラムが詰まり、コロイド状粒子に起因する水の濁りによって機器の動作に影響が及ぼされる可能性があります。 

用途
技術
タイトル
Discover More
SN logos